グリーンピース声明:ソニーの自然エネルギー100%目標を歓迎ーー気候変動対策にさらなるリーダーシップを
RELEASE ENERGY 2018.09.10

グリーンピース声明:ソニーの自然エネルギー100%目標を歓迎ーー気候変動対策にさらなるリーダーシップを

国際環境NGOグリーンピースは、ソニーが、2040年を目標に、事業で使用する全電力を自然エネルギー100%でまかない、事業運営を100%自然エネルギーで調達することを目標に掲げる国際的な企業連合「RE100」にも加盟するとの報道を受けて、以下の声明を発表しました。

 

グリーンピースUSA 上級ITアナリスト ギャリー・クック
「ソニーが自社で利用する電力の全てを自然エネルギー100%とする目標設定を歓迎します。しかし、2040年までというゴール設定は、現在私たちが直面している気候変動の危機を避けるためには不十分です。より早い段階での自然エネルギー転換を目指していく必要があります。

 

ソニーは、アップルやフェイスブックといった気候変動対策をリードする他のグローバル企業の取り組みを視野に、持続可能な自然エネルギーへの直接投資や自然エネルギーの直接調達、政府への政策提言、他企業との協力などを効果的に組み合わせて、一刻も早く自然エネルギー100%の実現を目指すべきです」

 

グリーンピース・ジャパン エネルギー担当 石川 せり
「日本でも動き出した企業の自然エネルギー100%利用に向けたリーダーシップに期待します。一方で、日本の政策はこうした企業の前向きな動きの足を引っ張っています。エネルギー基本計画では、自然エネルギーは主力電源とされていますが、数値目標は据え置かれ、国際的には時代遅れと言われる『ベースロード電源』を未だに固持しています。化石燃料や原発から自然エネルギーに転換することは、気候変動対策だけではなく国際的なビジネス競争力の観点からも喫緊の課題です。自然エネルギー導入やエネルギー効率化についての野心的な目標設定、自然エネルギーの優先接続など、実効性のある政策を推進すべきです」

 

(注)グリーンピースは、2006年から2012年にかけてIT企業の環境負荷低減に関するガイドを定期的に発表、その結果、有害化学物質の廃止や、電子機器のエネルギー効率化といった確実な成果が見られました。そのうち、アップル、フェイスブック、グーグルは、グリーンピースの働きかけにより、使用する電力を自然エネルギー100%に転換すると宣言した企業です。グリーンピースはさらに、2017年6月よりサムスン電子に対し自然エネルギー100%利用を働きかけ、2018年6月、同社は温室効果ガス排出量の3分の1を占める活動拠点で自然エネルギー100%を2020年までに達成すると宣言しました。同活動の一環として発表したグローバルIT企業17社を対象にした『環境に優しい電子機器企業ガイド』では、ソニーも評価対象となっていました。

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。