グリーンピース銀行口座凍結に対する英国トニー・ブレア首相への抗議文送付協力のお願い
RELEASE OTHERS 1999.07.23

グリーンピース銀行口座凍結に対する
英国トニー・ブレア首相への抗議文送付協力のお願い

いつもグリーンピース・ジャパンの環境保護活動にご協力下さいまして、ありがとうございます。
さて、テレビ・新聞で報道の通り、グリーンピースは、7月19日(月)に英国バロー港にて、日本に向けて出港したMOXプルトニウム燃料輸送に反対し、平和的抗議行動を行いました。核爆弾を排出している白い象(white elephant:英国でお金の無駄使いという意味)が、バロー港の出入り口である水門前で浮き台の上の横断幕に描かれました。
白い象は、英国核再処理産業の拡大と日本との危険なプルトニウムの取引に対し数百万ポンドを使うという、税金の無駄使いを象徴したものです。
また2隻のゴムボートも出て、12人の活動家は、「STOP PLUTONIUM (ストップ・プルトニウム)」とかかれた横断幕を掲げました。

グリーンピースは、平和的に抗議行動を行いましたが、英国核燃料公社(BNFL)は、この抗議に対しグリーンピース・インターナショナルの銀行口座を凍結させました。また、BNFLはイギリス、フランスの裁判所からの妨害禁止命令を出させ、抗議行動がこの命令に違反したとして、9万ポンドの賠償も請求しています。

環境保護団体が危険なプルトニウム輸送に反対するという抗議行動は、「表現の自由」という市民がもっている権利です。プルトニウムの輸送については、世界で数多くの政府や市民が反対の声を上げています。
アジアへの核拡散と輸送周辺諸国などへの環境汚染など、問題を抱えたプルトニウム輸送を正当化するために、環境保護団体の銀行口座凍結と賠償の請求をするなど、BNFLは卑劣な行為を行っています。これは、まさしく市民の権利を抑圧するものです。

英国のトニー・ブレア首相宛てにぜひ抗議の手紙をお送り頂きたく、お願い申し上げます。市民活動を妨害する政府に対し、市民の強い怒りの声を届けたいと思います。
特にプルトニウムが運ばれてくる日本の市民が声を上げることが大変重要です。ぜひご協力頂きますよう、お願い申し上げます。

グリーンピース・ジャパン
事務局長、志田早苗

FAX送付先:英国首相官邸
44-171-925-0918
44-171-930-1419

背 景

7月20日、英国核燃料公社(BNFL)はオランダの第一審裁判所に申し立てを行い、グリーンピース・インターナショナルの銀行口座を凍結させました。プルトニウム輸送船の出発に先立ち、BNFLは7月16日イギリスとフランスの裁判所から様々な妨害禁止命令を出させていました。そして7月19日に行われたイギリス・バロー港でのグリーンピースの行動がこの命令に違反したとして、BNFLは9万ポンドの賠償を請求しています。

日本へのプルトニウム秘密輸送に注意を喚起する活動がバロー港で行われ、韓国の活動家や、フランス、日本の報道陣をのせたグリーンピースのゴムボートはMOX輸送の出港現場の証人となるために7月19日バロー港沖に待機していました。全く平和的な、白い象が描かれた横断幕の登場に対し、BNFLは現在グリーンピースとゴムボートの船長、その他の個人を侮辱罪の罪で裁判所に訴えています。侮辱罪の刑罰は刑務所での拘留と多額の罰金です。

更にイギリス政府は環境大臣を通じて輸送や行政区に関する直接干渉を行ない、7月19日イギリス領海域におけるグリーンピースの船やゴムボートの立ち入りを禁じました。これは政府が海運法を適応した初めてのケースと言われており、グリーンピースの過去の経験では、1995年ムルロアの核実験の海域でグリーンピースがフランス政府によって排除された時以来のことです。

危険なプルトニウム輸送を終わらせ、表現の自由の権利と平和的な抗議活動を確実にするためグリーンピースは、キャンペーンへの支持を皆さんにお願い申上げます。抗議の手紙を英国政府トニー・ブレア首相に送って頂きますようお願い申し上げます。添付の英文の手紙はサンプルです。

英国首相トニー・ブレア殿
(添付の英文の訳)

日本に向けてのMOXプルトニウム輸送に反対表明をした国際反核団体の行動の自由を押え込もうとして、英国政府と政府保有の英国核燃料公社(BNFL)が最近とった、法的にも財政的にも極めて厳しい一連の処置に深く憂慮しています。

7月20日BNFLによってグリーンピース・インターナショナルの銀行口座が凍結されたことは絶対許されてはならないことです。BNFLが一刻も早くグリーンピース・インターナショナルに対するこの措置を取り消し、ほかのすべての訴訟を取り下げるよう要請します。

パシフィック・ティール号とパシフィック・ピンテール号両方の貨物を合わせると、60個の核爆弾を製造するのに可能な量のプルトニウムを輸送しており、深刻な核拡散と環境汚染の脅威となるに十分です。世界の数多くの政府と市民団体はこの輸送に反対しており、グリーンピースは、輸送船の日本への出発に対し平和的に抗議を行ったのです。この輸送に抗議するグリーンピースの権利を全面的に支援します。

BNFLと英国政府、それぞれの行為に対し強い抗議を示します。原子力産業の破壊的で図にのった行為に対し、平和的抗議を行った団体が言論の自由を抑圧されたり、財政や法的処置によって脅迫されるべきではないと信じます。

私は、グリーンピース・インターナショナルの銀行口座凍結の決定を撤回し、グリーンピースに対する訴訟のすべてを取り下げるよう、謹んで要請いたします。

団体名:
名前など:

Dear Mr Blair,

We/I am writing to you to express grave concern at the most recent of a series of draconian legal and financial measures taken by the British Government, and the state-owned company British Nuclear Fuels Ltd (BNFL), to suppress the freedom of international anti-nuclear activists expressing their opposition to a shipment of plutonium (MOX) fuel bound for Japan.

We/I regard the freezing of Greenpeace International’s bank account by BNFL on July 20th as completely unacceptable. We/I urge BNFL to reverse this action and withdraw all other legal proceedings against Greenpeace immediately.

The combined cargo of the Pacific Teal and the Pacific Pintail, the vessels transporting the plutonium fuel contains enough weapons useable plutonium to make 60 nuclear bombs and poses a serious threat to non-proliferation and to the environment. Governments and citizens’ groups around the world have opposed this shipment, and Greenpeace has been peacefully protesting at shipment’s departure for Japan. I/We fully supports Greenpeace’s right to protest at this shipment, and join them in their call for an end to this dangerous trade.

I/we would like to lodge our strong protest at the repressive actions of BNFL and the British Government. I/We do not believe that an organisation, peacefully protesting against the destructive and proliferatory activities of the nuclear industry, should be gagged or intimidated by financial and legal measures.

I respectfully request that you urgently rescind the decision to obtain a freeze on Greenpeace International’s bank account, and drop all legal proceedings against Greenpeace.

Yours Sincerely,

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。