「プルサーマル、今夏実施拒否うれしく思います。事前了解撤回もお願いします。」グリーンピース・ジャパン、品田村長に再度メール
RELEASE OTHERS 2001.05.30

「プルサーマル、今夏実施拒否うれしく思います。
事前了解撤回もお願いします。」

グリーンピース・ジャパン、品田村長に再度メール

環境保護団体グリーンピース・ジャパンでは、29日に、東電社長に、「プルサーマル実施困難」と伝えた刈羽村村長に、歓迎のメールを送るとともに、事前了解の撤回を訴えました。

品田村長のメールアドレスはh.shinada@vill.kariwa.niigata.jpです。

グリーンピース・ジャパンも、多くの方に、品田村長へ、プルサーマル事前了解撤回を表明するよう説得するメールの送信を呼びかけます。

刈羽村村長
品田宏夫様

国際環境保護団体グリーンピース・ジャパンの核問題担当の鈴木かずえです。

報道で、29日に東京電力に「プルサーマルの実施は厳しい情勢」とお伝えになったこと(毎日新聞)、その後、「柏崎市や新潟県と協議の上、事前了解の撤回も含め、村の意思を示す必要があると考えている」とおっしゃたこと(時事通信)を知り、住民投票の結果を尊重されようというお立場にたとうとされているのを伺い知ることができ、大変うれしく思っております。

今後、政府は「プルサーマルの必要性」に重点をおいた “理解活動” を行なうとも報道されています。

使用済み核燃料を原発サイトから青森県に運び出していますが、それは、使用済み核燃料を再処理し、その後に出る高レベル放射性廃棄物は青森県外に運び出す、ということが前提となっています。再処理して取り出したプルトニウムを使うプルサーマルが実施されないと、青森県との約束が守ることができない。・・・と経済産業省は刈羽村村民への全戸配布チラシで説明しています。つまり、プルサーマルは、青森県に、「使用済み核燃料は一時貯蔵だから」といいたいがための言い訳づくりということです。しかし、高レベル放射性廃棄物を受け入れる自治体など、あるでしょうか。すでにいくつかの県が「拒否宣言」をしています。

プルサーマルを実施すれば、いずれ、直面せざるをえない核のゴミ問題が先送りされます。しかし、それは、あまりにも無責任です。

今回の刈羽村のプルサーマルへのノー、という判断は、そうした政府の目をさます一石になりえます。

どうか、事前了解も撤回してくださるよう、お願いいたします。

グリーンピース・ジャパン
核問題担当 鈴木 かずえ

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。