MOX 燃料輸送の危険を訴え、グリーンピースが船上記者会見
RELEASE OTHERS 2002.06.27

MOX 燃料輸送の危険を訴え、グリーンピースが船上記者会見

グリーンピースは、6月27日午後2時、MOX燃料の輸送の危険性を訴えて敦賀港 蓬莱岸壁に6月25日より停泊しているグリーンピースの「アークティック・サン ライズ」号(オランダ国籍、949トン)船上で記者会見を開いた。

会見は同号甲板上で行われ、MOX燃料が高浜に到着した1999年に同号で抗議活動 を行ったピート・ブケット船長よりのあいさつに始まり、木村雅史グリーンピー ス・ジャパン事務局長、グリーンピース・インターナショナル核問題担当のトム ・クレメンツ、グリーンピース・ジャパン核問題担当の鈴木かずえ、グリーンピー ス・オーストラリア核問題担当のジェームス・コートニー、アークティック・サ ンライズ号乗組員でアルゼンチン出身のルチアナ・コルシオがそれぞれ輸送の危 険性を訴えた。

「データねつ造プルトニウムMOX燃料の返還が予定されているが、核物質の輸 送は危険であり、止めたいと考えている。『アークティック・サンライズ』号は この返還に抗議しにきた。」とトム・クレメンツは「アークティック・サンライ ズ」号来港の主旨を語った。

更に、トム・クレメンツは、「日本には現在約38トンのプルトニウムがあり、こ れは、非核保有国としては一番多い量である。日本政府は、プルトニウム計画は 余剰プルトニウムを減らすためというが、グリーンピースの予測によれば、プル トニウム計画がすすむことで、日本の余剰プルトニウムはさらに増える。この核 拡散の問題は地球規模での大問題だ。また、この輸送には、カリブ諸国、太平洋 諸国が反対をしている。事故やテロの脅威、また、事故時の賠償体制があいまい なことも沿岸諸国を憂慮させている。日本のみなさん、福井のみなさんにそれを 伝えたいし、警告したい。」と語った。

記者会見
写真〜Greenpeace/Sutton-Hibbert
続いて、グリーンピース・ジャパン核問題担当の鈴木かずえが、「福島では福島 県知事が今年のプルトニウム利用はありえないと明言し、新潟では、刈羽村村長 が、『村民を裏切ることはしない』と村議会で明言しているが、品質管理データ をねつ造した英国核燃料会社BNFL社は返還によってねつ造事件を水に流そうとし ているのは許せない。返還が行われれば、凍結している計画が動き出すきっかけ になる。また、輸送には、●事故やテロの危険性 ●事故時の賠償体制があいま い などの問題もある。」と述べた。

輸送の沿岸国にあたるオーストラリア出身のジェームス・コートニーとニュージー ランド出身の乗組員、ルチアナ・コルシオは、輸送経路沿岸諸国の住民の憂慮を 代表してMOX輸送に強い反対の意を表明した。 又、現在、この輸送を止めるた め、グリーンピースのイギリス支部が、輸送差し止め仮処分申請を検討しており、 この輸送を「廃棄物輸送」か「返品燃料輸送」を精査中の英国環境庁からの結果 精査を待って申請するかどうかを決定する事も発表された。

「アークティック・サンライズ」船上には、地元テレビ3局など10社以上が訪れ、 返還容器搭載の船の出港が間近に迫った、地元メディアの関心の高さがうかがわ れた。記者会見終了後、取材班は「アークティック・サンライズ」号船内を案内 された。

同船では来る6月29日(土)(10:00-17:00)、6月30日(日)(10:00-15:00) に一般公開が予定されている。

尚、同会見場でグリーンピースより以下の資料が参加各社に配布された。 「プルトニウムの返還の意味するもの」「BNFL(英国核燃料会社)社の船舶の安 全性について」「プルトニウムMOX燃料―核兵器への転用が可能なプルトニウム」 「日本のプルトニウム在庫量:過去、現在 そして未来」「米州機構の第32回 通常総会(バルバドス、2002年6月2-4日)における決議からの抜粋」「外 交・共同体関係理事会(COFCOR)のカリブ海経由の核・放射能廃棄物の輸送に対 する声明」グリーンピースより関西電力宛の「データねつ造プルトニウムMOX燃 料の英国へ返還中止を求める要請書」「環境の放射能汚染に反対するカンブリア 人の会」から関西電力宛の「データねつ造プルトニウムMOX燃料の英国へ返還中 止を求める要請書」他。

詳しくはグリーンピース・ジャパンのホームページ、核問題サイトをご覧ください

関連キーワード