日本政府はアメリカ支持の撤回を!グリーンピース、さらに600通の「戦争反対」の全国の声を首相と外相に届ける
RELEASE 2003.03.18

日本政府はアメリカ支持の撤回を!
グリーンピース、さらに600通の「戦争反対」の全国の声を首相と外相に届ける

グリーンピース・ジャパンは、本日午後、小泉首相と川口外相に全国の市民から の「イラク攻撃に反対する」要請書(注1)の第二次集約分を手渡す予定。午後4 時30分に内閣府で首相宛ての要請書を、午後5時に外務省で外相あての要請書を、 それぞれ手渡す予定。総数は約600通。首相宛外相宛

グリーンピース・ジャパンは、3月13日にも4503通の市民から寄せられた首相と外 相への「戦争反対」「日本政府は米国政府のイラク攻撃を支持しないで下さい」 という要請書を首相官邸と外務省で手渡しているが、e-メール、ファックスはそ の後もグリーンピース・ジャパンに届きつづけ、昨夜、ブッシュ大統領がイラク に対する武力行使“決断”とそれに対する小泉首相の支持声明が報道されて以降、 全国から、抗議のe-メールとファックスが殺到した。

また、グリーンピースでは、国連決議377「平和のための結集」に基づき、国連 緊急総会を開催することを、加盟国である日本政府に再度要請する。状況はまさ にこの決議が対処しようとする事態になっている。安全保障理事会での議論は行 き詰まり、常任理事国は合意を形成できない状態になっているからだ。一般の人 にも、日本政府へメッセージを送ることを呼びかける活動を開始する予定。ニュー ヨークの国連で、各国国連大使に377決議の提案を要請しているグリーンピー スからの面談要請を日本の国連大使は拒絶している。

3月18日午後、グリーンピース・ジャパンは、3月12日正午より3月18日正午までに 届いた646通の小泉首相への「戦争反対」「日本政府は米国政府のイラク攻撃を 支持しないでほしい」という要請書を今井直康内閣府大臣官房総務課専門官に手 渡した。 3月18日午後5時。外務省1階ロビー。外務省総合外交政策局国連政策課 辻本輸 課長補佐を通じて川口外相に手渡されるグリーンピース・ジャパンに届いた646通の 全国からの要請書をに受け取りに来た国連政策課の職員。
また、今後も、グリーンピース・ジャパンでは、日本政府に「戦争反対、アメリ カ不支持」を要請するサイバーアクションを継続する。 詳しくはグリーンピース・ジャパンNO WAR Webサイトをご覧下さい。

注1
市民からの要請書は、グリーンピース・ジャパンが3月3日の新聞広告上で「ぬりえピースプラカード」を持ってWORLD PEACE NOW 3.8に参加しようという呼びかけと共に小泉総理大臣と川口外務大臣に「戦争反対」と「日本政府は米国政府のイラク攻撃を支持しないでください」の2つの意思を伝えようと、呼びかけたもの。グリーンピース・ジャパンには3月3日以降、ファックスとe-メールで全国からのメッセージが寄せられている。
寄せられた意見のうち、公開の承諾を得ているものの一部に関しては「イラクへの戦争に反対する4503の理由」としてグリーンピース・ジャパンのWebサイトに掲載されている。
お問い合わせ:
グリーンピース・ジャパン
東京都新宿区西新宿8-13-11NFビル2F
電話 03-5338-9800 FAX 03-5338-9817
キャンペーン部長 福田未来子
広報担当 城川桂子

関連キーワード