「京都議定書を批准せず」は選挙向けの虚勢 ~グリーンピースとWWF、ロシア経済顧問の発言を批判~
RELEASE ENERGY 2003.12.03

「京都議定書を批准せず」は選挙向けの虚勢
~グリーンピースとWWF、ロシア経済顧問の発言を批判~

【イタリア、ミラノ発】ミラノの気候変動会議に出席中のグリーンピースとWWF(世界自然保護基金)は、12月3日、ロシアの大統領補佐官が述べた京都議定書を否定する見解に対し、次の日曜日に予定されているロシア連邦議会の下院選挙を意識した発言でしかないとの共同見解を発表した。

ロシアのアンドレイ・イラリオノフ大統領補佐官(経済担当)は12月2日、京都議定書について、現在の形では、ロシアの経済成長にとって重大な制限要因になるとし、現時点でロシアの批准はないと確信していると述べた。

これに対し、WWFロシアの気候変動プログラム責任者であるアレクセイ・ココーリンは、「イラリオノフ補佐官の発言は、単にモスクワでの選挙をにらんだ政治的駆け引きでしかなく、ロシアが実際に批准するかどうかについて何ら重みを持つものではない。イラリオノフ補佐官は、プーチン大統領やロシア政府のために発言しているのではない。彼はこれまで、いくつもの事態の予測に失敗しており、今回もその一例にすぎない。彼の発言は、今年5月に採択されたロシアのエネルギー政策に反するものであるし、さらに、最近採択されたばかりのGDPの成長に向けた経済計画に水を差すものでもある」と語った。

グリーンピース・インターナショナルの気候変動キャンペーン担当者であるスティーブン・ギルボートは、「イラリオノフ補佐官の言葉は、アメリカ政府の耳には心地よく響くかもしれないが、京都議定書を葬り去るにはほど遠いものだ。ロシアの姿勢を語れるのはプーチン大統領であって、官僚ではない。プーチン大統領は過去数カ月の間に、いくつもの見解を示し、ロシアが議定書を批准するであろうことを再確認している」と、語っている。

ロシア連邦議会の下院議員選挙は、12月7日(日)に実施される。また、ロシア大統領選挙は、2004年3月に行われる。ロシアは、これらの選挙が終了した時点で批准を行なうと、グリーンピースとWWFは見ている。

関連URL
・グリーンピース・ジャパン地球温暖化問題Webサイト
・WWFジャパン http://www.wwf.or.jp/
お問い合わせ
◆ ミラノ
Louise Fraser, Greenpeace media officer on +61 409 993 568
Steven Guilbeault Greenpeace 47735 International climate campaigner on +44 780 1857526
Martin Hiller, WWF Climate Change Communications on +41 79 347 2256
Mitzi Borromeo, WWF International Press Officer, +41 7947735 53

◆ 東京
グリーンピース・ジャパン
東京都新宿区西新宿8-13-11NFビル2F
電話 03-5338-9800  FAX 03-5338-9817
地球温暖化問題担当  関根彩子
広報担当  城川桂子

WWFジャパン
広報担当   佐久間浩子
電話 03-3769-1713

関連キーワード