かわいいチョコガイドがもらえるキャンペーン実施中! “トゥルーフード”でトゥルーラブを贈ろう
RELEASE 2007.02.09

かわいいチョコガイドがもらえるキャンペーン実施中!
“トゥルーフード”でトゥルーラブを贈ろう


トゥルーフード・ミニガイド~チョコレート編~
特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン(所在地:東京都新宿区、事務局長:星川淳)は、遺伝子組み換え原料を使用していないチョコレートを紹介する「トゥルーフード・ミニガイド ~チョコレート編~」を発行し、2月9日から「明治製菓さんにトゥルーフード ( 注1 ) なチョコレートを届けよう」キャンペーンを開始しました。

愛する人にチョコレートを贈るというバレンタインデーが近づいていますが、チョコレートに遺伝子組み換え原料が使われている可能性があることはあまり知られていません。日本製のほとんどのチョコレートに添加物として、大豆由来の乳化剤(レシチン)が使われており、その原料は遺伝子組み換え不分別のダイズです。除草剤をかけても枯れないように遺伝子操作された遺伝子組み換えダイズには、草を枯らす農薬が残留しています。

「食品会社の多くは、添加物など表示義務 ( 注2 ) のない遺伝子組み換え原料の使用についてあまり危機感を感じていないようですが、『トゥルーフード・ガイド』 ( 注3 ) を手にしてくれた消費者から届く言葉に現れているように、消費者はそのような原料を避けたがっています」とグリーンピース・ジャパン遺伝子組み換え問題担当アキコ・フリッドは語り、「表示されていない遺伝子組み換え原料がチョコレートにも使われていることを多くの人に知っていただき、みなさんの声でチョコレートを変えていきたい」と訴えています。

グリーンピース・ジャパンでは、チョコレート菓子業界大手、明治製菓に対して「遺伝子組み換えゼロのチョコレートを作ってください」とのメッセージを一般の方から募集します。メッセージを送っていただいた全ての方に、遺伝子組み換え原料を一切つかわないチョコレートがひと目でわかる「トゥルーフード・ミニガイド ~チョコレート編~」をプレゼントします。また、抽選で30名の方にグリーンピースのオジリナル・エコバックとフェアトレードカンパニー(株)提供のトゥルーフードなチョコレートが当たります。

「明治製菓さんにトゥルーフードなチョコレートを届けよう」キャンペーンサイト 〜 Greenpeace

メッセージ募集は3月30日まで。寄せられたメッセージの中から一つのメッセージをトゥルーフードなチョコレートに書いて、ほかのすべてのメッセージと一緒に明治製菓へとどけることにしています。
キャンペーン詳細

遺伝子組み換え食品が世界市場に出てから10年。グリーンピースは、遺伝子組み換え作物の栽培を阻止するため、世界各国でこの問題に取り組み続けてきました。その活動として遺伝子組み換え食品を避けるためのガイドブック『トゥルーフード・ガイド』を世界20カ国以上で発行し、多くの食品会社が方針を変え、遺伝子組み換え原料を使用しないようになりました。昨年9月末には、日本版『トゥルーフード・ガイド』をグリーンピース・ジャパンより発行。日本のゆるい食品表示ではわからない部分で、どれほど多くの食品に遺伝子組み換え原料が使われているかを明らかにしました。発行以来、消費者から大好評を得て、半年間に6万3千部以上を配布しています。

チョコレートや甘いお菓子に想いをたくして大切な人にプレゼントするバレンタインデーやホワイトデーには、遺伝子組み換え原料の使われていないトゥルーフードでトゥルーラブを届けましょう。


注1 トゥルーフードとは、

遺伝子組み換え原料を使っていない食べものです

環境とわたしたちの健康をまもることにつながる食べものです

持続可能な農業を支援する食べものです


注2
日本の遺伝子組み換え食品表示基準について知っておきたいポイント


注3
『トゥルーフード・ガイド ―食べていませんか?遺伝子組み換え食品』
初版2006年9月29日発行。グリーンピース・ジャパンが日本の食品メーカー102社へアンケート調査を行ない遺伝子組み換え原料使用の有無をまとめたもの。遺伝子組み換え原料を使用していないと保証する書面を提出した会社とブランドを「グリーン」、遺伝子組み換え「不分別」の原料を使用している会社とブランド、もしくは遺伝子組み換え原料使用に対する会社方針等の書面による情報提供の無かった会社は「レッド」と表記し、消費者にひと目でわかるように区分けしてあります。
『トゥルーフード・ガイド』はこれまでにヨーロッパ、北アメリカ、ラテンアメリカ、アジアの20カ国以上でそれぞれ発行され、「地球の環境をまもりたい」、「安心な食べものを選びたい」という世界中の多くの消費者に利用されています。総発行部数はすでに200万部を超え、このガイドブックを手にした消費者の働きかけにより、ヨーロッパ、オーストラリア、ブラジル、ニュージーランドでは遺伝子組み換え作物の排除を表明する小売業者も増えています。
A6,26ページ, 307商品掲載、無料配布。
お申し込み

お問い合わせ
特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン
東京都新宿区西新宿8-13-11NFビル2F
電話 03-5338-9800 FAX 03-5338-9817
遺伝子組み換え問題担当 アキコ・フリッド
広報担当 村上京子
グリーンピース・ジャパン遺伝子組み換え問題サイト

関連キーワード