「ザトウクジラを含む“調査”捕鯨の中止を求める」共同声明―― 日本のNGO 10団体が抗議
RELEASE OCEAN 2007.12.18

「ザトウクジラを含む“調査”捕鯨の中止を求める」共同声明―― 日本のNGO 10団体が抗議

IFAW(国際動物福祉基金)、グリーンピース・ジャパン、イルカ&クジラ・アクションネットワーク、エルザ自然保護の会、ピースボート、北限のジュゴン見守る会、ALIVE地球生物会議、関西野生生物研究所、国際海洋自然観察員協会、鉛弾規制同盟の非政府組織(NGO)10団体は、今週にも南極海で開始される日本政府の“調査”捕鯨に対し、科学的な調査としての役割を逸脱しているとして、本日、中止を求める共同声明を発表した。

共同声明は、「ザトウクジラを含む“調査”捕鯨の中止を求める」と題し、1966年に全海域で捕獲が中止されたザトウクジラの捕獲再開は、国際的な信頼関係を損ない、公海における生物多様性保全を脅かす無謀な計画だとし、ザトウクジラ捕獲の断念と調査計画の見直しを求めている。

共同声明は発表と同時に、若林正俊農林水産大臣に送られた。

<共同声明発表10団体>
IFAW(国際動物福祉基金)
グリーンピース・ジャパン
イルカ&クジラ・アクションネットワーク
エルザ自然保護の会
ピースボート
北限のジュゴン見守る会
ALIVE地球生物会議
関西野生生物研究所
国際海洋自然観察員協会
鉛弾規制同盟

お問い合わせ:
特定非営利活動法人グリーンピース・ジャパン
海洋生態系問題担当部長  佐藤潤一
広報担当         城川桂子
東京都新宿区西新宿8-13-11NFビル2F
電話 03-5338-9800 FAX 03-5338-9817
ザトウクジラを含む“調査”捕鯨の中止を求める
NGO共同声明

11月18日に日本の捕鯨船団は、南極海に向かい下関港を出港しました。私たちは、日本政府が許可を出し、(財)日本鯨類研究所が実施しようとしているこの第2期南極海鯨類捕獲調査(JARPA II)の計画に大きな懸念を抱いております。今回の計画は、ミンククジラ850(±10%)頭、ナガスクジラ50頭に加え、新たにザトウクジラ50頭の捕獲を含むものであり、クジラの種及び捕獲数の拡大が見られ、科学的な調査としての役割を明らかに逸脱しています。

ご存知のように、過去の捕鯨全盛期において、ザトウクジラは、その好奇心の強さと逃げ足の遅さが禍いして、繁殖海域でも、移動中にも、そして索餌中にも、すべての生活段階において激しく捕獲された種です。1966年に全海域で捕獲禁止になり、最近になってやっと回復の兆しが見えてきたばかりです。

捕獲が禁止されてからというもの、ザトウクジラは特異な姿と歌声で人々を魅了し、多くの海域でホエールウォッチングの花形として愛されるようになりました。日本においても例外ではありませんが、特に経済的に豊かではない島嶼部などでは、観光資源として人々の生活を潤しています。

一方、最近の非致死的調査研究の目覚しい発展から、これまで生態が不明であった南太平洋の島嶼海域のザトウクジラの生態が明らかになり、孤立した小さな群れがいくつも存在することが分かってきました。これらの小さな群れは、まだまだ回復が不十分であり、更なる保護を必要としていると考えられています。

また、オーストラリアの回復しつつある群れにおいても、捕鯨以前と比べれば、その回復はまだまだ不十分であり、オーストラリアの人々はザトウクジラの生態解明のために非致死的方法を用いて個体識別などの調査を進めています。

これらのクジラが繁殖シーズンを終えて、餌を求め回遊していくのが南極海です。残念なことに、今回の日本の調査計画では、こうした群れのクジラたちがターゲットになる可能性が高いと考えられます。そのため、オーストラリアやニュージーランドをはじめ、当該島嶼国や研究者達は日本の計画に強く反対し、抗議を行ってきました。

こうした状況下において、ザトウクジラの捕獲は国際的な信頼関係を損ない、公海における生物多様性保全を脅かす無謀な計画だと言わざるを得ません。今一度こうした現状を認識し、ザトウクジラ捕獲の断念と調査計画の見直しを強く望みます。

IFAW(国際動物福祉基金)
グリーンピース・ジャパン
イルカ&クジラ・アクションネットワーク
エルザ自然保護の会
ピースボート
北限のジュゴン見守る会
ALIVE 地球生物会議
関西野生生物研究所
国際海洋自然観察員協会
鉛弾規制同盟

関連キーワード