コペンハーゲン会議、歴史的な合意ならず ――期待を裏切る犯罪的結果と、グリーンピース国際事務局長
RELEASE EVENT 2009.12.19

コペンハーゲン会議、歴史的な合意ならず ――期待を裏切る犯罪的結果と、グリーンピース国際事務局長

デンマークの首都コペンハーゲンで開催されていた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)は19 日未明、首脳レベルの政治合意を採択して閉幕する。国際環境NGOグリーンピース・インターナショナルの事務局長クミ・ナイドゥは、次のように会議の結果を酷評した。

ズーム
グリーンピース・インターナショナル事務局長のクミ・ナイドゥ。
「この合意は公平でなく、意欲に欠け、法的な拘束力もない。世界各国の首脳たちはなすべき仕事を怠り、危険な気候変動の回避に失敗した。これは犯罪に等しい。人類が直面する最大の問題はリーダーシップの危機だということが明らかになった。とりわけ米国は、リーダーシップを示すどころか話し合いの足を引っ張った。

「科学者たちは、温室効果ガスの増加に歯止めをかけるにはあと数年しか残されていないという。科学は変えられないのだから、そのかわりに私たちは政治を変えなければならず、それには政治家を変える必要もあるだろう。

「まだ幕引きではない。コペンハーゲンの会議がはじまるまで、世界中の人々が本当の解決策を求めたし、今後も求め続ける。私たちはこれからでも、何億人もの人々を温暖化による荒廃から救えるはずだが、この会議の失敗でそれがずっと難しくなってしまった。産業界も含め、人類社会の根本的な変革に向けて努力を続けよう」

また、グリーンピース・ジャパン事務局長の星川淳も、「地球上すべての生命の未来を守る歴史的な機会が失われたのは非常に残念だが、市民社会の責任はいっそう大きくなった」と釘を刺し、「物言えぬ自然と七世代後の声を代弁するグリーンピースの辞書に、あきらめという言葉はない。日本は25%削減で世界をリードする役割を担った。あらゆる分野の人びとと力を合わせ、気候変動抑止の取り組みを強めたい」と抱負を語った。

お問い合わせ: グリーンピース・ジャパン
広報: 成澤薫

関連キーワード