クジラ肉横領の究明を求めて、検察審査会へ審査申し立て
RELEASE OTHERS 2010.02.10

クジラ肉横領の究明を求めて、検察審査会へ審査申し立て

【2月10日 東京】 本日、グリーンピース・ジャパンの星川淳と佐藤潤一は、2008年に調査捕鯨母船・日新丸の船員がクジラ肉を横領していたと告発した件が不起訴処分となったことについて、東京地方検察審査会に審査申立書を提出しました。
申立人は、星川淳と佐藤潤一、申立代理弁護人は田鎖麻衣子弁護士です。詳しくは、下記広報担当へお問い合わせください。

調査捕鯨船員によるクジラ肉横領の再捜査に向けて、検察審査会に不起訴の審査申し立て

お問い合わせ:
グリーンピース・ジャパン 広報 村上京子
グリーンピース・インターナショナル Communications Greg McNevin

関連キーワード