ノーベル平和賞受賞者よりクジラ肉裁判へ支援のメッセージ
RELEASE OTHERS 2010.02.12

ノーベル平和賞受賞者よりクジラ肉裁判へ支援のメッセージ

2月12日、グリーンピース・インターナショナルの事務局長クミ・ナイドゥを迎え、東京で記者会見を行いました。ナイドゥは、3日後に青森でのクジラ肉裁判初公判を控え、グリーンピースの組織全体でこの裁判を通して公共の利益を図るNGO活動の意義を訴えるとともに、調査捕鯨に潜む不正の究明を求めていきたいと語りました。またナイドゥは来日に際し、鳩山首相に宛てたる公開書簡を発表しました。書簡では、鳩山政権が目標とする25%のCO2削減の取り組みを支持することを伝え、自然エネルギーを柱とする取り組みを提案しています。

鳩山首相への手紙(PDFファイル)
海外の著名人よりクジラ肉裁判のグリーンピース・ジャパン職員、佐藤と鈴木へ支持が寄せられています。
佐藤と鈴木を支持する公開書簡
デズモンド・ツツ司教 (ノーベル平和賞受賞者、南アフリカの平和運動家、南アフリカの英国国教会の元大司教)
ベティ・ウィリアムズ (ノーベル平和賞受賞者、北アイルランド紛争のなかで平和活動を続ける、民衆運動の「母」)

プレスアドバイザリー 2010年2月12日

関連キーワード