福島県の避難地域拡大決定について――グリーンピース声明
RELEASE GOOD LIFE 2011.04.11

福島県の避難地域拡大決定について――グリーンピース声明

国際環境NGOグリーンピースは11日、日本政府が福島第一原子力発電所から半径20キロ圏の避難指示地域以外でも、浪江町、飯舘村のほか、南相馬市の一部など累積の放射線量が高い地域に対し、一カ月をめどに新たに避難指示を出す方針を発表した事を歓迎します。

グリーンピース・ジャパンの気候変動・エネルギー担当の高田久代は、「私たちは日本政府によるこの発表を歓迎します。福島第一原発による放射能汚染から住民の健康を守るためには、今回のような決断が必要です。地震と津波に伴う福島第一原発の事故発生から1カ月がたちましたが、いまだに多くの住民たちには、彼らが直面する放射能汚染の危機について、政府からきちんとした情報が伝わっていません」と語りました。

グリーンピースは、2度にわたる福島県内での独自の放射線調査の結果などから、福島第一原子力発電所から20キロ圏外のホットスポットと呼ばれる放射線量の高い地域(浪江町、飯舘村など)への避難指示発令などを、日本政府に求めてきました。

また、放射線量が依然として高く、人口の多い福島市や郡山市を含む広域を‘特別管理地域’と指定し、汚染度の高い地区を除染するなど適切な措置を早急にとることを引き続き求めていきます。

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード