エネルギーシフトパレードに5000人参加
RELEASE EVENT 2011.04.24

エネルギーシフトパレードに5000人参加

エネルギーシフトパレードに5000人参加、原子力エネルギーから自然エネルギーへシフトの声が高まる
東日本大震災で深刻な被害を受けた福島第一原子力発電所の放射能漏れを受け、このような犠牲や、不安な日々を二度と繰り返さないためにも、原子力エネルギーから自然エネルギーへのシフトを提唱する市民参加のパレード「エネルギーシフトパレード」が本日4月24日、代々木公園周辺で行われ、5000人の市民が参加しました。

パレード前にアースデイ東京のメインステージで行われたオープニングスピーチで呼びかけ人の一人である羽仁カンタ(FLAT SPACE代表)は、「不安を抱えたまま原発推進のエネルギー政策を続けていくのではなく、自然エネルギーに政策に変更することが求められています。そのために、自分たち一人一人が今回の事故を見つめなおし、少しずつでも声を上げていく必要があります」とパレードの趣旨を説明しました。

オープニングスピーチでは、賛同人のC・W・ニコル氏や田中優氏が、「原発はコストが安いと宣伝されていたが、実際はコストが高い」「エネルギーシフトは可能だ」と原発をやめ、太陽光や風力などの自然エネルギーへのシフトを訴えました。

14時から行われたパレードには、およそ5000人が参加し、代々木公園から渋谷駅前を通り、表参道から代々木公園に戻る2.5キロの道すがら、自然エネルギーへの転換を求めました。多摩から参加した20代の女性は、「初めて参加したけど、自分の意見を主張するのは大事なことだと思いました」と語りました。また、埼玉から参加した女性は、「子供たちと歩きましたが、子供たちはエネルギーを選ぶ権利もなく、彼らが大人になった時に絶望しないよう、私たちがシフトチェンジしていく必要がある」と訴えました。

日本は、豊かなエネルギーに恵まれた国です。太陽光、風力、地熱など、自然エネルギー利用の推進とエネルギー効率を高めることによって、原発に頼らなくても必要なエネルギーをまかなうことは可能です。

呼びかけ人:羽仁カンタ(FLAT SPACE)、南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン )、佐藤潤一(グリーンピース・ジャパン)

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード