規制値超の放射性物質を魚、貝などからも検出 グリーンピースの海洋調査で、政府に再度調査を要請
RELEASE OCEAN 2011.05.26

規制値超の放射性物質を魚、貝などからも検出 グリーンピースの海洋調査で、政府に再度調査を要請

国際環境NGOグリーンピースは25日、福島第一原子力発電所を中心に実施した海洋の放射能汚染調査において、エゾイソアイナメなどの魚やカキなどの貝からも、暫定規制値を超える放射性物質を検出したとして、日本政府に対して水産物に対する調査の拡大、水産関係者の被害に対する全額補償、放射能汚染水の海洋環境への放出禁止などの5項目を要請(注1)しました。

グリーンピースの調査船「虹の戦士号」(オランダ船籍、555トン)で行った海洋調査(5月3日から5月5日まで)と、沿岸からの海洋調査(5月2日から5月9日)の結果(注2)、エゾイソアイナメ(福島県小名浜港で採取)から1kgあたり857Bqのセシウム(Cs-134 + Cs-137)、カキ(福島県四倉港で採取)から同740 Bqのセシウム、マナマコ(福島県久ノ浜港で採取)から同1,285 Bqのセシウム、アカモク(福島県江名港で採取)から同127,000 Bqのヨウ素(I-131)および同1,640 Bqのセシウムなど、複数のサンプルから暫定規制値を超える放射性物質を検出しました。これらの水産物関は、日本政府の調査には含まれていない、もしくは十分に調査が行われていないものです。

グリーンピース・ジャパンの海洋生態系問題担当の花岡和佳男は、「私たちが5月12日に要請した後(注3)、ようやく厚生労働省が福島県内での海藻類、貝類などの調査結果を5月19日に発表しましたが、海洋汚染の状況を把握するためにはまだ十分ではありません。この状態を放置していることは、漁業復興や食品安全の面でも大きな問題で、政府の海洋汚染に対する危機感が伝わってきません」と話しました。

さらに、「私たちが現場で出会った多くの漁業関係者が、グリーンピースの海洋調査のためにサンプルを提供してくれました。彼らは自身の漁場から高い数値が出てしまうことを不安視しながらも、風評被害を止め漁業再開の目途を立たせるため調査の強化を望んでおり、県や政府が調査に後ろ向きなことに怒りを感じています。政府や東京電力は、漁業関係者や消費者の安全性を確保するためにも、日本有数の漁場であるこの海域の漁業を守るためにも、一刻も早くこの要請の実現に取り組んでほしい」と訴えました。

注1)2011年5月26日に日本政府に提出した要請書

注2)海洋調査による海産物の放射性物質データ

アクロ研究所[フランス原子力安全機関(ASN)認定機関]からの調査報告書
ベルギー原子力研究センター(ベルギー政府による運営)からの調査報告書

注3)2011年5月12日に日本政府に提出した要請書

<参考資料>
■ 調査期間
沖合での海洋調査(調査船「虹の戦士号」での調査):5月3日(火)から5月5日(木)までの3日間
沿岸からの海洋調査:5月2日(月)から5月9日(月)までの8日間

■ 調査範囲
沖合での海洋調査:日本政府から許可が下りた領海外(沖合約22キロより外)において、福島第一原子力発電所周辺海域を中心に、宮城県石巻港から千葉県銚子港までの沿岸から沖60kmまでの範囲。(警戒区域を除く)

沿岸からの海洋調査:宮城県気仙沼市本吉町日門港から、千葉県銚子市銚子港の海岸沿い。福島第一原子力発電所周辺の警戒区域を除く。

■ 調査内容
魚、海藻、貝類をのサンプリングを行い、放射性物質の測定とのちに核種分析。

■ 調査で使用した測定機材
– ベクレルモニター:Berthold
– 汚染モ二ター: H13422 Rados MicroCont, UMO 110
– ガンマ線スペクトロメーター:ICX Identifinder
– 放射線量測定器:Thermo EPD MK2
– 放射能吸収量測定装置:Dosebadge
– 放射線検出器:RADEX RD1706
– 汚染モニター:H13422 Rados MicroCont

■ 時系列
<海洋調査における時系列>
4月20日:グリーンピースがオランダ政府を通じて日本政府に海洋調査を申請。
魚類、海藻、底質などを含む調査計画書を提出。
4月25日:日本政府・東京電力、海洋調査の強化を発表。
4月27日:日本政府、虹の戦士号による領海内での調査を拒否。領海外での調査も規制。
4月29日:東京電力、底質調査を実施(5日発表)。
5月2日~9日:グリーンピース、沿岸および沖合で海洋調査を実施。
5月6日:日本政府、海域モニタリングの広域化を発表。
5月12日:グリーンピース、海洋調査の暫定結果を発表。海藻類の調査強化及び漁業者への損害補償を日本政府に要請。
5月19日:厚生労働省、貝類や海藻類の調査結果を発表。

<原発からの海水流出・時系列>
4月1~6日:2号機から高濃度汚染水流出(計4,700兆ベクレル)
4月4~10日:5、6号機などから低濃度汚染水放出(計1,500億ベクレル)
5月10日~11日:3号機からの高濃度汚染水流出(計20兆ベクレル)

グリーンピース放射線調査について詳しくはこちら

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード