菅首相が「脱・原発」を表明 グリーンピース声明 ―― 首相の発言を歓迎
RELEASE ENERGY 2011.07.13

菅首相が「脱・原発」を表明 グリーンピース声明 ―― 首相の発言を歓迎

国際環境NGOグリーンピースは13日、菅直人内閣総理大臣が同日夕方に発表した、政府の「エネルギー基本計画」を白紙から見直すとともに、今後のエネルギー政策について「原発のない社会を目指す」方針を表明したことについて、この方針を歓迎するとともに、原子力発電所の新規建設計画の撤回、そして稼働中の原子力発電所の段階的廃止の実現を訴えます。

グリーンピース・ジャパンの気候変動・エネルギー担当の高田久代は、「東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、将来世代の安全・安心を最優先に考えれば当然の方針だ。ぜひ実現してほしい」と歓迎しました。

さらに、「この決断を現実のものとするためには、省エネと代替となる自然エネルギー導入を強力に進めていくことが必要です。そのためには現国会で『再生可能エネルギー促進法案』を成立させ、さらに災害に強い分散型の自然エネルギーと、徹底した利用効率化をエネルギー基本計画の柱として明記すべき」と訴えました。

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード