イオン発表の放射性物質ゼロ目標を大いに歓迎 ――グリーンピース声明
RELEASE ENERGY 2011.11.08

イオン発表の放射性物質ゼロ目標を大いに歓迎 ――グリーンピース声明

消費者の声とグリーンピースの要請に応える形で
スーパー大手のイオンは8日、放射性物質に対する自主検査の結果を、店頭とホームページで定期的に公開するとともに、「検査の結果、検出限界値(ゲルマニウム半導体検出器使用)を超えて放射性物質が検出された場合には、早急に産地・漁場を変更するとともに、検出限界値を下回ることが再検査により確認されるまで当該産地・漁場と同じ商品群の販売を見合わせます」と発表しました(注1)。国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、今回のイオンの発表を、消費者の声を大切にした画期的な発表だと歓迎しました。

グリーンピース・ジャパンの海洋生態系問題担当の花岡和佳男は、「グリーンピースはこれまでもイオンを含む複数の大手スーパーマーケットで販売されている魚介類商品の放射能汚染調査を行い、スーパーに対して自主検査の実施と分析結果の公表を求めて交渉を重ねてきました。今回のイオンの発表は、消費者がスーパーに声を届け、それにイオンが真摯に対応した結果だと思います」と語りました。

さらに、「他のスーパーマーケット、特にイオンに次ぐ大手小売であるイトーヨーカドーも、今回のイオンの方針を見習い、安心して消費者が買い物をできるように、自社商品の放射線調査を実施し、その数値を公表してほしい」と訴えました。

注1)2011年11月8日発表、イオンのプレスリリース

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード