<共同プレスリリース>大飯原発3・4号機のストレステスト評価提出の強行をしないこと。および、傍聴締め出しをしないよう市民団体が共同で要請
RELEASE ENERGY 2012.01.17

<共同プレスリリース>大飯原発3・4号機のストレステスト評価提出の強行をしないこと。および、傍聴締め出しをしないよう市民団体が共同で要請

下記5団体は17日、明日18日のストレステスト第7回意見聴取会にて大飯原発3・4号機のストレステスト評価の提出を強行しないことおよび、傍聴者を会議の会場から締めださないこと等を求める要請書を、枝野幸男経済産業大臣、深野弘行原子力安全・保安院長、細野豪志原子力行政担当大臣、藤村修内閣官房長官に送付しました。

明日1月18日に開催予定の第7回ストレステストを審査する意見聴取会で、関西電力大飯発電所3号機、4号機のストレステスト結果について「妥当」評価が提示されるとみられています。しかし、ストレステストおよびその評価については、従来から問題視されていた、審査基準がないことや、福島原発事故の実態や原因を踏まえていないことに加え、原子力産業界から寄付を受け取っている委員が複数おり、審査・確認の中立性・信頼性は、ますますなくなっています。このような状態での評価提出は許されるものではありません。

さらに、今回のような重要なことが議論される聴取会の、同室傍聴をさせないということは、たとえ中継されようとも密室と言わざるを得ません。

よって5団体は以下を要請しました。

1. ストレステストの評価案提出を強行しないこと

2. 意見聴取会の傍聴を同じ室内とすること

3. 原子力産業から寄付を受けている意見聴取会委員を解任すること

要請書(2012年1月17日提出)

以上

提出5団体と連絡先:

美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階
TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581

グリーン・アクション
京都市左京区田中関田町22-75-103
TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952

福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館405共同事務所AIR
TEL/FAX 03-5225-7213

国際環境NGO FoE Japan
東京都豊島区池袋3-30-8-1F
TEL 03-6907-7217 FAX 03-6907-7219

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン
東京都新宿区西新宿 8-13-11N・Fビル2F
TEL 03-5338-9800 FAX03-5338-9817

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード