ストレステスト「妥当」判断に抗議 ――グリーンピース声明
RELEASE ENERGY 2012.01.18

ストレステスト「妥当」判断に抗議 ――グリーンピース声明

第7回ストレステスト意見聴取会は3時間おくれて18日夜開かれ、福井県にある関西電力大飯原子力発電所の3号機と4号機の運転再開の判断の前提となるストレステストの結果評価が行われ、「妥当」とする審査書の素案を提出しました。事実上、原発再稼働に前向きな委員と保安院そして電力会社のみによって出された結論です。国際環境NGOグリーンピース・ジャパンはこの結果に対し、市民の傍聴が認められず、中立な立場で意見を述べてきた2委員の出席もなかった密室会議は、この評価の信憑性は担保できないとして抗議します。

グリーンピース・ジャパンの事務局長佐藤潤一は、「傍聴を求めて訪れた市民を会議から締め出し、密室で行われた議論で出た評価案の信頼は、地元そして日本国民の理解を到底得られるものではない」とし、「審査基準も示されず、安全評価の意見聴取会も一般開放もしないストレステストへの信頼感は低く、最初から結果は「妥当」という答えが決まっていたのではないかと強い不信感をもちます」とし、ストレステストとその評価プロセスを凍結する必要を改めて求めました。

この評価はこの先、IAEAの確認、原子力安全委員会の確認を経ることになっています。IAEAも基本的に原子力推進組織であり、原子力安全委員会も少なくとも委員24人が原子力業界から寄付を受けていたと報道されている組織です。再稼働に向けて技術面の安全性を担保するしくみがことごとく原子力推進に偏った機関でなされるため、公正な結果は望めません。福島第一原発事故と同様の過ちを繰り返すさないためにも、このプロセスを根本的に見直すことを求めます。

グリーンピースは「原発フリーの夏」をめざし、再稼働への動きをとめるために活動していきます。

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード