ストレステスト評価 ――「忘れていませんか? 市民の目」
RELEASE ENERGY 2012.02.08

ストレステスト評価 ――「忘れていませんか? 市民の目」

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは8日、「第8回ストレステスト意見聴取会」開催に際し、原子力安全・保安院が提示しようとしている大飯原発3、4号機のストレステストの評価結果は妥当とはいえないとし、「忘れていませんか? 市民の目」と抗議メッセージを掲げ、民意の反映と評価プロセスの凍結を求めるアピールを経済産業省前にて行いました。

経済産業省前には、多くの市民団体が集まり、グリーンピースは原発に反対する市民や学生らと共に、目玉のかぶりものを被りながら抗議のプラカードを掲げ「あわてて再稼働しないで!私たちは見ています」と開かれた聴取会を求め、民意の反映と再稼働の停止を訴えました。前回に引き続き今回の聴取会も会場内での一般傍聴はできず、別室でモニターを見る形式となっています。

グリーンピース・ジャパン、キャンペーンマネージャーの花岡和佳男は、「福島第一原発事故の詳しい原因すら未だに解明されておらず、十分な安全対策も打ち出せない中、原発再稼働ありきの結論だけ示されても到底信用することはできません。市民が公開を求めているのにもかかわらず、前回に続き重要なこの聴取会を密室で行い、さらに複数の委員が原発産業から金銭を受け取ってきたことが報道されているなど、国民や立地自治体、周辺住民を全く無視しています」と訴えました。

また、これまで原子力安全・保安院が行ったテストやその評価について、それを概ね良好とした「国際原子力機関(IAEA)でさえ、許容安全余裕の定義の明確化を求め、利害関係者とのコミュニケーションの重要性を指摘する勧告を出しています(注1)。それさえ構わず先を急ぐ保安院のやりかたは、市民がさらされる原子力発電のリスクを無視したものです。グリーンピースは政府が福島第一原発事故の原因を究明し評価基準の策定を行うまで、ストレステストの評価プロセスを凍結する必要を訴え続けます」と語りました。

グリーンピースは停止中の原子炉の再稼働停止を呼びかけ、2012年の夏は原発が国内で一基も稼働していない「原発フリーの夏」を目指して活動しています。

注1) グリーンピースでは、IAEAが保安院の評価を「良好」としたこと自体については批判を行っている(2012年1月31日プレスリリース)。しかし、勧告の中には保安院のやり方の改善を求めるものが含まれており、IAEAの勧告はこちらで公表されている。


お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード