細野氏が福井入り。 山本太郎氏や県民と共に県庁前で抗議 ――優先されるべきは大飯原発の安全性と地元住民の意思
RELEASE GOOD LIFE 2012.06.04

細野氏が福井入り。 山本太郎氏や県民と共に県庁前で抗議 ――優先されるべきは大飯原発の安全性と地元住民の意思

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは4日夕方、細野豪志原発事故担当大臣が福井県庁を訪れて西川一誠知事と会談するのに先立ち、福井市で会見を開き、駆けつけた俳優の山本太郎氏や福井県民でレゲエシンガーのSing J Roy(田中真士朗)さんと共に、優先されるのは大飯原発の再稼働ではなく、原発の安全性と地元住民の意思を反映させることだと訴えました。

会見後、福井県庁を訪れた細野大臣を乗せた車の到着に合わせ、県内外から集まった約200人の人々と山本氏ら共に県庁前で抗議を行い、「再稼働、ほんとに それで安全な の?」というメッセージを掲げ、周辺自治体や国民の意見を無視した再稼働は容認できないと訴えました。

グリーンピース・ジャパン事務局長の佐藤潤一は、「日本は東京電力福島第一原子力発電所事故のような未曾有の事故を経験したにも関わらず、また同様の過ちを繰り返そうとしています。野田首相はみずからの責任で再稼働を判断すると言いましたが、そもそも東電福島第一原発事故の原因究明は終わっていません。万が一大飯原発で事故が起きた場合、福井県や近隣自治体への責任はどのように取るつもりか、具体的な方策は不明なままです」と語りました。

さらに、「今政府に求められることは、1)原発の安全性の丁寧な確認、2)原発の今後の位置づけについて住民の意思を反映する、3)夏の電力ピークをシフトするなどして再稼働なしで夏を乗り切る準備を加速することです。原発の安全性に疑問を残したまま、住民の意思も確認せずに再稼働に踏み切るような行為は、福井県民だけでなく日本全体をいつ再び原発事故が起きるかわからない「ギャンブル」に巻き込むことになります。政府は国民の生活と日本の将来をギャンブルの掛け金にするのではなく、国民的議論のなかで、自然エネルギーと省エネによる『自然エネルギー革命』を実現することを強く希望します」と訴えました。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

関連キーワード