グリーンピース声明、WHOは福島原発事故の影響を過小評価している
RELEASE ENERGY 2013.02.28

グリーンピース声明、WHOは福島原発事故の影響を過小評価している

世界保健機関(WHO)は本日28日、東京電力福島第一原発事故による健康影響の予測をまとめた報告書を公表しました。これを受けて、国際環境NGOグリーンピースの放射線専門家で放射線防護アドバイザーのリアナ・トゥールは以下のようにコメントしました。

「WHOの報告書は、原発事故の初期段階で放出された放射性物質が、原発から20キロ圏内で避難できずにいた住民に及ぼした影響について言及していません。

放射線による健康影響は、長い年月の後に表面化することがわかっています。WHOは、原発事故による放射線と健康に関する影響評価を国際原子力機関(IAEA)の承認なしに発表することはできません。福島原発事故から2年を目前に発表された本報告書は、人命を念頭においた科学的分析ではなく、原子力産業を守ることを考えた“政治的な意図”を帯びたものと言えます」


国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

関連キーワード