グリーンピース声明:市民社会は萎縮することなく「知る権利」の主張を――特定秘密保護法の成立を受けて
RELEASE OTHERS 2013.12.06

グリーンピース声明:市民社会は萎縮することなく「知る権利」の主張を――特定秘密保護法の成立を受けて

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、6日に特定秘密保護法が参院本会議で可決・成立したことを受けて、市民の「知る権利」の制限と市民社会の萎縮につながることから、法案成立に強く抗議し、下記の声明を発表しました。
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 事務局長 佐藤潤一

「市民の『知る権利』を侵害する秘密保護法の成立は、日本の民主主義における歴史的な過ちだ。民主主義社会では情報は公開するのが前提であり、表現の自由には『発する』だけではなく、公益に基づいて情報を『求める』自由も含まれる。秘密保護法は、市民による調査などの活動を制限すると同時に、不正を追及する権利を侵害し、健全な民主主義社会の発展を妨げる恐れがある。

市民社会を形成する私たち市民は、これからもこの法律の不当さを訴えつづける必要がある。そして、市民社会も報道機関も萎縮せずに、堂々と『知る権利』を主張し、政府の情報隠蔽に対峙する姿勢を持ち続けることが重要だ」。

以上


国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。