グリーンピース声明:沖縄・名護市長選 選挙結果を受けて
RELEASE 2014.01.19

グリーンピース声明:沖縄・名護市長選 選挙結果を受けて

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、1月19日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を最大争点に行われた名護市長選で、移設反対派の稲嶺進現職市長が当選したことを受けて、下記の声明を発表しました。
辺野古への移設に反対する稲嶺進氏が当選したことを歓迎する。新基地建設にノーを訴える民意が、同氏の当選という目に見える形になった。「辺野古の新基地を阻止するために市民の先頭に立つことを約束する」と意思表明をした稲嶺市長に期待する。

同時に、沖縄県名護市辺野古は世界最北端にすむジュゴンの数少ない餌場であることから、この海域を海洋保護区として絶滅の危機に瀕しているジュゴンや貴重な生態系などかけがえのない環境を守ることも、環境NGOとして期待をこめる。

日米両政府は環境保護の観点で絶滅危惧種とその生息環境及び生態系を持続的国際的に保護していくことを大前提に、地元市民や国民の声を公平に聞き入れ、新基地建設を白紙に戻すべきだ。


国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

関連キーワード