グリーンピース声明、集団的自衛権行使容認閣議決定、国民主権を否定する行為
RELEASE OTHERS 2014.07.01

グリーンピース声明、集団的自衛権行使容認閣議決定、国民主権を否定する行為

政府が、本日1日、集団的自衛権を行使できるようにする憲法解釈変更の閣議決定をしたことを受けて、グリーンピース・ジャパンは、国民主権と立憲主義を否定する行為として強く批判し、以下の抗議声明を発表しました。
「政府の憲法解釈変更によって閣議決定された集団的自衛権行使容認に強く反対する。集団的自衛権を行使できるようにするということは戦争の当事者になるということであり、日本の平和憲法の基本原理に関わる変更である。それにもかかわらず、国民の意思を直接問う手続きもなく、内閣の判断のみで行うことは、国民主権と立憲主義を根本から否定する行為である。

昨日30日、また本日1日も、首相官邸前には数万人の市民が集まり、「憲法破壊を許すな」と反対の声を上げた。解釈改憲は、憲法の定める手続きによってなされなければならず、国民の意思に問わなければならない。これを経ない改憲は、違憲無効である。今こそ市民の声を大きくして、この決定が歴史的な過ちであることを訴えつづけ、正していく必要がある。

戦争は、命と環境を破壊する“最大の環境破壊”である。恒久平和を守ることが最大の自衛であると同時に、軍事力での協力ではなく平和憲法の理念を貫くことこそが国際社会における日本の役割であることが再認識されなければならない」。


国際環境NGOグリーンピース

関連キーワード