COP20開催中における、グリーンピースの「ナスカの地上絵」付近での活動について
RELEASE OTHERS 2014.12.10

COP20開催中における、グリーンピースの「ナスカの地上絵」付近での活動について

下記の情報は過去に発表したものです。最新情報はこちらをご覧ください。>>

COP20開催中における、グリーンピースの「ナスカの地上絵」付近での活動について、国際環境NGOグリーンピースは、下記のコメントを発表しました。

今回の国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)で気候変動に対する解決の糸口を見つけられなければ、このような貴重なナスカの地上絵も未来に残すことができなくなります。グリーンピースは、このナスカの地上絵はもちろん、自然エネルギーでまかなえる持続可能な未来を残したいと考えています。

この活動は、考古学者の監督のもと4カ月の準備を経て進められました。当日も考古学者が同行し、グリーンピースのスタッフは遺跡に跡を残さないよう、指導を受けながら慎重に行いました。今回の活動で、ナスカの地上絵には一切触れていません。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。