グリーンピース声明 安保法制可決に抗議:「不断の努力」で、安保法制を使わせない
RELEASE OTHERS 2015.09.19

グリーンピース声明 安保法制可決に抗議:「不断の努力」で、安保法制を使わせない

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、安倍政権と自民、公明の与党と日本を元気にする会、次世代の党、新党改革による、安全保障関連法案の参院での可決を受けて、以下の抗議声明を発表しました。
「圧倒的な世論の反対があるにもかかわらず、憲法違反で、立法事実の根拠さえ破綻した安保法制を参議院で可決・成立させたことは、政権与党による民主主義を蹂躙する暴挙だ。集団的自衛権の行使容認を含む安保法制は、日本を戦争のできる国にするための戦争法制であり、グリーンピースは同法の廃止を引き続き求める。

民主主義を蹂躙した与党に対し、国会で民主主義をあくまでも守ろうとした政治家たちがいる、国会の外で声をあげた市民がいるーーその存在が”希望”だ。

なぜならば、安保法制が成立した今後も、来年の参議院選挙など次の選挙でそうした政治家を増やすこと、そして市民が声をあげ続けることで安保法制を使わせず、実際に自衛隊を戦争に送らせないことが可能であり、さらに安保法制の廃止も可能だからだ。

日本国憲法第12条では、『この憲法が国民に保障する自由及び権利は、 国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない』としている。私たちは、『不断の努力』によって、安保法制を使わせない努力を誓う」。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード