プレスリリース:グリーンピース国際署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」 ーー合計28,759筆を安倍晋三首相宛てに提出
RELEASE 2015.11.25

プレスリリース:グリーンピース国際署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」 ーー合計28,759筆を安倍晋三首相宛てに提出

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日11月25日、国際署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」(英語名 “Save The Dugongs”)」28,759筆を海外から集め、安倍晋三首相に宛てて防衛省普天間代替推進グループに提出しました。 =English Below=
本署名は、2015年10月17日から11月19日まで世界中のグリーンピースの事務所のウェブサイトで実施したもので、164の国と地域が参加し、現在も実施中です。本署名の目的は、IUCN(国際自然保護連合)の「絶滅危惧種」に指定されるジュゴンのすみかである辺野古・大浦湾を新基地建設から守りたいと願う沖縄の人々に、世界から応援の気持ちを示すことです。

また、署名提出にさきがけて防衛省前で行ったアピール行動には、グリーンピースのスタッフやボランティアら総勢14名が参加しました。ジュゴンに扮したグリーンピースのスタッフなどが「辺野古・大浦湾を保護区に」「Save the Dugongs」と書かれたバナーを掲げ、辺野古での新基地建設は大浦湾の埋め立てを伴う大規模な環境破壊であり、ジュゴンやアオサンゴの大群集に象徴されるような豊かで貴重な生態系の保護を求めました。

尚、本署名と同時に実施した国内署名「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」(翁長雄志沖縄県知事宛て)は7,387筆を集めており、継続して実施しています。また、同じく新基地建設中止を求めて実施したキャロライン・ケネディ駐日米国大使宛ての署名「沖縄・辺野古のジュゴンを守ってください」(国内及び海外の総数:53,260筆、2015年2月20日~6月15日)を合計すると、89,406筆の署名が集まっています。

グリーンピース・ジャパン海洋生態系担当 小松原和恵は「9万人近い署名は、豊かな環境と平和を守りたいと願う沖縄の人々が世界に共鳴した結果です。日本政府が国内外の声を無視し、適切な環境アセスメントを行わないまま工事を強行すれば、世界からの信頼は失われるでしょう。日本政府は市民の声に耳を傾け、新基地建設を中止すべきです。」と訴えました。

グリーンピースは、今後とも同署名を国内外から広く集め、国際社会から同問題への関心を集めていきます。また、日米両政府には環境保護の観点で絶滅危惧種とその生息環境及び生態系を持続的かつ、国際的に保護していくことを大前提に、地元市民や国民の声を公平に聞き入れ、新基地建設を撤回することを求めていきます。

「辺野古・大浦湾を海洋保護区に」署名サイト:

国内:http://www.greenpeace.org/japan/ja/Action/HenokoBay/

海外:https://act.greenpeace.org/ea-action/action?ea.client.id=1844&ea.campaign.id=43606

——–
Press Release

November 25, 2015

Thousands express global support for Okinawa campaign to cancel U.S. base and save dugongs

Tokyo, 25 November 2015 – Today Greenpeace Japan delivered over 28,759 signatures from 164 countries and regions to Japan’s Ministry of Defense, as a sign of global solidarity for the Okinawan’s struggle to save the last remaining Japanese dugongs.

Okinawa’s Oura Bay in Henoko, Okinawa is the last home of the rare dugong and a haven for marine life. Under plans for a U.S. military airbase the area will be landfilled. Eighty per cent of Okinawan people are against the airbase construction.

“Messages of support for the campaign to save the dugong are pouring in. There is growing opposition to airbase construction plans in Okinawa. The more the authorities try to silence local voices, the stronger the solidarity gets, in Japan and across the globe,” said Kazue Komatsubara, Oceans Campaigner at Greenpeace Japan.

“It’s hard to fathom that the Japanese and U.S. governments are joining forces to deliberately destroy such a rich and pristine area of ocean, home of the beloved dugong. People around the world are monitoring the situation in Henoko closely,” added Komatsubara.

Demonstrations at the site gates have lasted more than 500 days. There are regular attempts by the police to clear the protesters.

Earlier this month, the government refused entry for the Greenpeace ship, the Rainbow Warrior, to enter the bay in support of the campaign.

Greenpeace offices across Europe, North America, Asia and Australia Pacific have joined efforts to shine a global spotlight on the plight of the critically endangered dugongs that live and feed in the bay.

“Greenpeace will continue to work with communities and civil society groups around Japan to protect our natural environment.”

Dugongs are listed by International Union for the Conservation of Nature and the Japanese Environment Ministry as highly at risk of extinction, with some estimates putting their number to as very few.

The petition to save the dugong is open here for further signatures: grnpc.org/IgSK2

ENDS

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード