グリーンピース声明、高浜原発3・4号機 再稼働同意の撤回を求める ――福井県知事は周辺自治体への責任を放棄
RELEASE ENERGY 2015.12.22

グリーンピース声明、高浜原発3・4号機 再稼働同意の撤回を求める ――福井県知事は周辺自治体への責任を放棄

本日12月22日、福井県の西川一誠知事が関西電力の高浜原発3・4号機の再稼働に同意したことを受けて、グリーンピースは以下の声明を発表しました。
「西川知事の再稼働同意は、万が一過酷事故が発生時した際には福井県および関西圏を含む周辺自治体の住民の生命と暮らしを脅かすものであり、立地県知事としての責任を放棄するものです。断じて容認できず、今回の同意の一刻も早い撤回を求めます。

まず関西広域への影響では、現在、高浜原発3・4号機は福井地方裁判所により、発電所250km圏内の居住者に『現実的で切迫した危険』があるとの判断から停止命令を受けています。一度原子力災害が生じれば、関西1,500万人の水がめである琵琶湖や多くの世界遺産を持つ京都など、立地自治体の境界をはるかに超えて関西広域へその被害が及ぶことは避けられません。昨年12月に関西広域連合が国に提出した『原子力防災対策に関する申し入れ』についても、国からの十分な対応がない中、立地県知事として再稼働に同意することは許されません。

そして高浜原発の安全上で最も懸念される点は、重要施設の耐震安全性と耐震設計の基盤となる基準地震動の妥当性です。また、広域に及ぶ災害時避難計画も実効性に乏しく、周辺住民の半数以上が疑問に感じているという調査結果が出ています(注1)。

福井県は再稼働同意の前提として、原発の重要性に対する国民の理解促進をはじめとする 『5条件』を国に提示していますが、世論調査ではいまだ半数以上が原発再稼働に反対という結果が出ています(注2)。このような現状を直視せず、国の今後の対応を根拠に再稼働を容認することは自ら課した条件を反故にするに等しく、県民及び周辺自治体の住民に対する責任を放棄するものに他なりません」。

グリーンピースは12月18日付で、西川福井県知事宛に高浜原発再稼働に同意しないことを求める要請書を提出しています。

注1)NHK「高浜原発の再稼働に関する調査(2015年10月)単純集計表」より

注2) 全国世論調査 原発再稼働 反対が58% 74%「避難できない」(東京新聞、2015年9月20日)

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

関連キーワード