グリーンピース「高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」開始 ――老朽原発廃炉をめざしFacebookプロフィール写真で横断幕を制作、第1回口頭弁論へ
RELEASE ENERGY 2016.06.13

グリーンピース「高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」開始 ――老朽原発廃炉をめざしFacebookプロフィール写真で横断幕を制作、第1回口頭弁論へ

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)の運転延長認可差し止めを求め、「関西電力高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」を開始します。

本プロジェクトは、7月13日に名古屋地裁で行われる訴訟の第1回口頭弁論に向けて実施するもので、グリーンピースのウェブサイトで賛同者のフェイスブック(Facebook)のプロフィール写真を集め、その写真をデザインした横断幕を制作します。「高浜原発みんなでとめよう」をキャッチフレーズに、老朽原発廃炉を求める人々の声を一つにまとめ、裁判所前で掲げる予定です。訴訟への認知を高め、高浜原発1、2号機の廃炉を求める訴訟を応援する声を全国から集めることを目的にしています。

Takahama Face Project

「関西電力高浜原発1、2号機訴訟 応援!フェイスプロジェクト」

実施期間:6月13日(月)から7月3日深夜(予定)
専用ウェブページURL: http://act-greenpeace.jp/action/takahama2016/
参加方法: グリーンピースのプロジェクト専用ウェブページの「Facebookを使って顔写真を送る」ボタンをクリックして投稿。

<関西電力高浜原発1、2号機訴訟について>
今年4月、稼働40年を超える老朽原発である高浜原発1、2号機に対し、名古屋、福井などの住民が、原子力規制委員会による高浜原発1、2号機の運転延長を認めないよう求める訴訟を名古屋地裁に起こしています。グリーンピース職員2名も76人の原告として提訴に参加しています。

参考)グリーンピース プレスリリース「老朽原発の再稼働に『NO』―住民が高浜原発1、2号機の運転許可禁止を求めて提訴、グリーンピース職員も原告に」 http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2016/pr20160414/

<本件に関するお問い合わせ>
国際環境NGO グリーンピース・ジャパン TEL 03-5338-9800

関連キーワード