「能力不足」の原子力規制委に再稼働審査の資格なしーー美浜3号機の再稼働適合審査書案承認
RELEASE ENERGY 2016.08.03

「能力不足」の原子力規制委に再稼働審査の資格なしーー美浜3号機の再稼働適合審査書案承認

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、本日、原子力規制委員会が「関西電力美浜3号機(福井県)は新規制基準に適合している」とする審査書案を了承したことを受けて、自ら「能力不足」を認めた規制委には再稼動を審査する資格はないと批判しました。

田中俊一原子力規制委員長は、関西電力大飯原発の地震の最大の揺れの想定が過小評価されているという島崎前原子力規制委員長代理の指摘を巡る対応について、7月20日の記者会見で「5人の委員ですべての分野の詳細をカバーし、理解するというわけにはいかない」として、規制委の「能力不足」であったことを認めています。国際原子力機関(IAEA)は、日本の原子力規制に対し、人材不足、研修不足、権限の不足を指摘しています。IAEAの指摘は規制委の今回の一連の対応にも当てはまります。島崎氏の指摘は、同様の手法を使っている美浜原発3号機を含む関西電力の全ての原発にも当てはまります。特に、この12月で運転開始から40年となる老朽原発の美浜原発3号機には、大きな示唆を与えています。

グリーンピース・ジャパンのエネルギー担当柏木愛は、「地震の最大の揺れの想定は、安全の要です。この問題を放置する規制委に、再稼働を審査する資格はありません。このまま審査を進めることは、過酷事故の際に被害を受ける数百万人もの人々の命と暮らしを脅かすことです」と批判しました。

現在、関西電力の全ての原発について、再稼動しないことを住民が求め、裁判が起こされています。美浜原発3号機に関しても、再稼働禁止を求めての本訴訟が行なわれています。また、運転開始から40 年を超える高浜原発1、2号機についても、運転期間の20年間延長認可の取り消しが争われており、グリーンピース・ジャパンの職員2人も原告に加わっています。なお、高浜原発3、4号機は大津地裁の決定により運転が停止しています。

グリーンピースは、「脱原発」を願う市民一人ひとりに、電力会社を選択し、原発由来の電気を販売する電力会社からの乗り換えの意向を表明するオンラインアクション「iSwitch (アイ・スイッチ)― 今だからクリーンな電気に”スイッチ”しよう」を展開しています。

関連キーワード