グリーンピース・ジャパン 新事務局長に米田祐子が就任
RELEASE OTHERS 2016.08.25

グリーンピース・ジャパン 新事務局長に米田祐子が就任

グリーンピース・ジャパン 新事務局長に米田祐子が就任――組織の基盤作りと支持基盤、市民社会団体との連携を強化 (English follows)

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンは、8月22日付で、事務局長に米田祐子が就任したと発表しました。

米田は、アジア、アフリカの開発途上国で17年間のNGO活動を通して、開発の仕事に携わってきました。プラン、セーブ・ザ・チルドレン、オックスファムなどで携わった事業の中には、内戦中のソマリアでの市民団体の強化、カンボジアの少数民族の土地や森林と生活を守る活動、リベリアでのエボラ出血熱に苦しむ子ども達やその家族への緊急支援、そしてラオスでの衛生教育が含まれます。

着任にあたり、米田は「環境を守っていくためには、私たち人間と自然の関係を見直さなければなりません。それは、私たちの価値観や生活スタイルを一人一人が見つめ直すことです。人々が信念を持って、自分たちにとって大切な問題に対して行動を起こすことは、大きな変化につながっていくと思います。草の根レベルでのそうした行動と連携は強力なものだと確信しています」と述べました。

また、「グリーンピース・ジャパンの基盤作りに力を入れたいと考えています。特に、自分たちがどういう団体で、どのような信念を持ち、誰の声を汲み取って活動しているのかということを改めて明確にし、国際環境NGOとして、また日本の市民社会の一員として、独自の視点から環境問題に貢献していきたいと思います。また、支持基盤をより強化し、活動を支えるサポーター(会員)や志を同じくする方々と長期的でより深い関係を築いていきたいと思います。しかし、グリーンピース・ジャパンだけでは環境問題は解決できません。他の日本の市民社会団体と力を合わせ、グリーンピースの世界中のオフィスと協力しながら、より大きな影響へとつなげていくことが大切です」と抱負を語りました。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
グリーンピースは、環境保護と平和を願う市民の立場で活動する国際環境NGOです。地球規模の環境破壊を止めるため、世界各国のグリーンピースと連携して活動しています。日本では、脱原発と自然エネルギーの確実な導入、持続可能な漁業と農業の実現を最優先に、消費者や生産者とともに、企業や政府に働きかけています。
URL: www.greenpeace.org/japan
所在地: 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル2F
設立: 1989年4月
代表理事: 青木陽子、細川弘明
国内有給職員: 37名

グリーンピース・インターナショナル(本部)
所在地: オランダ・アムステルダム
1971年設立
日本を含む世界55以上の国と地域に事務所

Greenpeace Japan announces new Executive Director
Press release _ 25 August 2016

Tokyo, 25 August 2016 _ Greenpeace Japan today announced that Yuko Yoneda has officially taken up the role as the new Executive Director as of 22 August. Yoneda comes with 17 years’ experience in international development, working with different NGOs in Asia and Africa, including Plan, Save the Children, and Oxfam. She played various roles, such as strengthening civil society in war-torn Somalia, working with remote ethnic communities to protect their land, forest and livelihoods in Cambodia, supporting Ebola affected children and their families in Liberia, and encouraging hygiene and sanitation in rural communities in Laos.

“If we are to make social, economic and political changes happen that are needed to protect the environment, we need to critically re-examine our relationships with nature, question and challenge our way of life and our underlying values. It’s powerful when people have conviction and take actions to address issues that are important to them. I believe in the power of grassroots action and solidarity,” said Yoneda.

“Building on Greenpeace Japan’s past experiences and achievements, we would like to further strengthen its foundation. Specifically, we think it is important that Greenpeace Japan clearly articulate its identity and distinct perspective as a Japanese civil society organization as well as a global environmental organization. We would also like to strengthen Greenpeace Japan’s support base by building long-term, deeper engagement with our constituencies. However, Greenpeace alone cannot achieve significant, sustainable impact on the environment. We are looking forward to working in partnerships with Japanese civil society and with other offices in Greenpeace to scale up the impact of local actions at the national, regional and global levels,” she added.

ENDS

Contact:
Greenpeace Japan Commutations, kouhou@greenpeace.org, phone: +80 (0) 3 5338 9800

関連キーワード

  • 関連キーワードはありません。