祝!サーモン養殖からチリの海を守るキャンペーンが大きく前進
OCEAN 2018.05.09

祝!サーモン養殖からチリの海を守るキャンペーンが大きく前進

 

皆さんこんにちは。海洋生態系担当の小松原です。

おおよそ地球の裏側、チリからとびきり良いお知らせが届きました。地球に残された貴重な手つかずの自然、チリ南端部のマガジャネスの海が保護されることが決定したのです!

写真:サーモン養殖場申請の凍結を喜ぶ先住民族の人々とグリーンピースメンバー

貴重な自然をまもるグリーンピースの活動を、寄付で応援する。

先住民族の訴えが国を動かす

サーモン養殖場による環境汚染の影響を受けてきた、先住民族Kawésquarのコミュニティが、先月、サーモン養殖企業に対して起こした裁判に勝利したのです。

これにより、マガジャネスの海の一部を、海洋保護区に指定するプロセスが開始されます。そのため、同海域に提出されているサーモン養殖設置許可申請81%は、少なくとも3年間凍結されることが決まりました。

写真:マガジャネスの海に浮かぶサーモン養殖場

これにより、現在ある280のサーモン養殖場設置許可申請のうち、229が凍結されます。これは、先住民族の方々が諦めずに声をあげ続けた成果です。グリーンピースは昨年より、チリ南端部のマガジャネスの海をサーモン養殖場の影響から守るためのキャンペーンを行なってきました。

現地で環境調査を行ない、この問題に世界のスポットライトを当て、日本も含めて、これまでに21万9000人以上の方々がキャンペーンに参加しています。この問題に注目し、懸念の声をあげた世界中の市民の力が、海洋保護区制定に向けて政府を動かす追い風になったのです。

 写真:チリのチロエの海岸で環境影響を調査するグリーンピーススタッフ

クジラやイルカが暮らす楽園の海を守ろう

マガジャネスの海は、自然保護区およびユネスコの生物保存地域に指定され、生物多様性の豊かな海です。絶滅危惧種のシロナガスクジラや、世界中でもチリにしかみられない準絶滅危惧種のハラジロイルカなどが暮らしています。

写真:マガジャネスの海を泳ぐミナミカマイルカ

過去30年にわたってその海は、サーモン養殖によって汚染されてきました。その影響をいちばん被ってきたのは、クジラやイルカなどの野生動物、そして海の恵とともに暮らしてきた先住民族のコミュニティの人々です。

チリの養殖産業は現在世界2位で、成長を続けています。ちなみに、チリ産養殖サーモンの一番の輸出先は日本です。サーモン養殖場の拡大は、海域を汚染し、貴重な生態系、そして人々の暮らしにとって脅威となることがわかっています。

海洋保護区の制定を確実なものにし、保護されるエリアを広げるためには、これからも皆さんからの継続したご支援が必要です。

グリーンピースと一緒に、未来の世代に貴重な自然をつないでいきませんか?

グリーンピース パタゴニアの海 マガジャネス チリサーモン 養殖

グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 


海をまもりたい!

海で起きている問題について知りたい、自分にできることを試してみたい、海好きの人たちとつながりたい。

太平洋クロマグロのツナ吉が、海をまもるGreenpeace Oceanの最新情報をお届けします。下のボタンから、ぜひ友だち追加を!

友だち追加

Facebookグループ「OCEAN HOLIC」は、海にいなくても、24時間海を感じていたい!考えてたい!そんなOCEAN HOLICな人々のための交流と発信の場所として国際環境NGOグリーンピース・ジャパンがつくったグループです。

みなさんが普段お買い物をするスーパーが、サステナブルなお魚を取り扱っているかどうか、国内大手15社のスーパーマーケットを調査した、2018年最新の『お魚スーパーマーケットランキング7』でチェックしてください!

スーパーマーケットランキング7をチェック

こちらもおすすめ

スローな土用の丑の日のすすめ
数字でわかる 海を搾り取る”工業型”漁業の話
ペンギンたちの行進

地球でいちばん大きなサンクチュアリ・南極海保護区をつくろう

南極の海底に潜る – 科学者の夢がかなった瞬間

この記事をシェア

writer

ライター ファンドレイジングチーム 江島

ファンドレイジングチーム 江島

江島 遼介 Ryosuke Ejima
ファンドレイジング担当。主に電話での資金調達を担当。海とミスチルとコーヒーをこよなく愛する。

ライター ファンドレイジングチーム 金海

ファンドレイジングチーム 金海

金海初芽 Hatsume Kanaumi
ご寄付でグリーンピースの活動を支えてくださる皆さまのお問合せ対応やニュースレターの発行などを担当するサポーター窓口。
人権問題や災害復興支援にもとりくんでいます。

ライター グリーンピース・ジャパン事務局長代理 ミリンダ・ブーンクオ

グリーンピース・ジャパン事務局長代理 ミリンダ・ブーンクオ

アジア太平洋各地でのNGO活動を経て、2013年よりグリーンピースに参加。グリーンピース・ジャパンでは充実した日々を過ごしています。職員の創造性やチームワークを生かし、ボランティアやサポーターの方々と力を合わせれば、より緑豊かで平和な未来を築くことができると信じています。ぜひ、グリーンピースの活動にご参加ください。

ライター Mirinda Boon-Kuo, Executive Director (Interim) of Greenpeace Japan

Mirinda Boon-Kuo, Executive Director (Interim) of Greenpeace Japan

Before joining Greenpeace in 2013, Mirinda worked with civil society across the Asia Pacific. Everyday at Greenpeace Japan is filled with joy. The creativity and commitment of the team, volunteers and supporters, all focus on how - together - we can build a green and peaceful future. She invites you to join Greenpeace, and looks forward to welcoming you.

ライター Hisayo Takada, Energy Project Leader of Greenpeace Japan

Hisayo Takada, Energy Project Leader of Greenpeace Japan

While living in New Zealand she first joined Greenpeace Japan as a volunteer, and is now the head of the climate energy team back home in Japan. Her work day starts with the sun at 7am, which she loves as a busy mother working for the energy campaign!

話題のキーワード