オーガニックの動きが加速中!コープデリに署名を提出しました
FOOD 2018.03.08

オーガニックの動きが加速中!コープデリに署名を提出しました

こんにちは。食と農業担当の石原です。

 スーパー6社と生協へ全店舗で国産オーガニック野菜とお米の販売を求める署名、『いつものスーパーでオーガニックを』に参加してくれた方にご報告です。

昨年4月から今年2月までに寄せられた9,254人の声を、生協のコープデリに提出し、オーガニック野菜の取り扱いについて話し合う面談をしました。

昨年の「Goオーガニック」署名に続いて、コープデリに署名提出をするのは二回目です(注1)。昨年の署名を同じスーパー6社と1生協に提出した際には、コープデリを含む3社がオーガニック農産物の取り扱い方針を増やすと回答し、コープデリからは「品揃えを強化する」との回答がありました。

 今回の面談でその後のオーガニックの取り組みを聞いたところ、以下の回答がありました。

 ・2017年6月よりオーガニックや環境に配慮した商品を中心に品揃えした媒体『Vie Nature(ヴィ・ナチュール)』を創刊し、毎週15点ほどの有機JAS認証を受けた国産農作物をコーナー化しています。

・また、毎週30品目以上の有機JAS認証を受けた加工食品も掲載し、多くの方にご利用いただいています。

・「全店舗でのコーナー化」とまでは参りませんが、生産者と消費者(組合員)とのフードチェーンを大切にしながら、年度あるいは月度目標を掲げて常時・スポットでの品揃え品目数拡大を進めてまいります。

※回答全文はこちら

宅配の新カタログ「Vie Nature」を創刊するなど、今まで届けてきた消費者の声が形となって、生協もオーガニックを身近にできるよう動いていることを実感しました。

現時点で、全店舗でのオーガニックコーナーを設置するのは難しいとのことですが、「オーガニック商品を今後も拡大していく予定」との回答もあり、消費者や生産者が継続して声を届けることで、オーガニックがより身近になるような、大きな変化が生まれることが期待できます。実際、去年3月の署名提出以降、イオンやライフなど様々な企業がオーガニックの需要を認識しているという見解を示しており(注2)、今後もオーガニックの需要が高まるのは確実です。

引き続き、グリーンピースはコープデリ以外の企業へ署名の提出を行い、改めて結果をご報告します。

 

注1 昨年署名を提出したコープネット事業連合はコープデリ生活協同組合連合会へ名称を変更しました。

注2
・グリーンピースブログ 「ライフの株主総会に参加しました」2017年5月26日
・日本農業新聞「有機農産物足りない 大手スーパー増産要請 農水省全国会議」 2018年3月3日


グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 

 こちらもおすすめ

ヴィーガンシェフへの10の質問。食べものを通じて地球と人々の暮らしを守るには?

やっぱりネオニコは危険ーEUの研究報告書が再確認

ただ、ふつうの暮らしがしたかった

奄美大島に漂着した油を見てきました

南極の”ファンタスティック”な動物と”ストレンジャーシングス”をまもるために

オリンピック選手にオーガニックを届けよう!

この記事をシェア

writer

ライター 食と農業チーム 石原

食と農業チーム 石原

石原 謙治 Kenji Ishihara
食と農業キャンペーン キャンペーナー。趣味はサッカー観戦です。

話題のキーワード