えっお米の見た目、厳しい基準に根拠ないの?情報公開で判明!
FOOD 2018.05.25

えっお米の見た目、厳しい基準に根拠ないの?情報公開で判明!

こんにちは。食と農業担当の関根です。

5月も下旬になり、田植え前線は、東北〜北海道に到達しているようですね。

関東ではアマガエルや、畦にまだちいさなクモの姿を見かけるようになりました。

のどかな風景ですが、育苗箱ごと農薬に浸した苗を田に植える場合もあり、また、あとふた月もすると、農薬を空中散布するヘリやドローンが飛び交うようになります。

ネオニコチノイド系農薬などの農薬の散布は、ミツバチの大量死を引き起こしているほか、トンボや鳥の数が減るなど生態系への影響も明らかになってきています。でも、農家も農薬を使いたいわけではなく、使わざるを得ない状況があります。

農薬をやめたくてもやめられない理由とは?

カメムシが若い穂の汁を吸ってできる黒い点々のあるお米、斑点米。

斑点米が1,000粒に2粒混じってしまうだけで農産物検査で等級が落ち、買取価格が下がってしまうという厳しい基準のため、農家は神経質にならざるを得ません。

ではその厳しい基準、どういう根拠で算出されているのでしょうか。

グリーンピースでは農林水産省にその算出根拠や元にしたデータを公開してくれるよう要求しました。すると…。

「算出した数式やデータは存在しない・・・」

農林水産省によると、斑点米について1等米〜3等米の混入限度を算出した数式やデータは存在しないというのです[1]。

多くのお米農家が神経をとがらせ、

あちこちでハチが大量死し、養蜂家も困っているのに、

その大元になっている斑点米の厳しい基準には根拠がなかったのです。

お米農家の思い

秋田県のお米農家の今野さんは

「コメの厳しい検査基準には当然、客観的合理性があるものと思っていたので、根拠となるデータ無しに作られたと知ってとても驚いた」

といいます。そして

「関係者の意見で決まったようですが、関係者とはどういう方々だったのか、基準の見直しを求める地方議会の意見[2]はなぜ反映されてこなかったのかなど、疑問です」

と不信感を隠せない様子で語ってくれました。

今野さんは、

「今後の見直しに当たっては、透明性・公平性を担保してもらいたいです」

と訴えます。

それは消費者にとっても同じです。もちろんミツバチや、環境にとっても。

根拠もなく農薬散布をさせるような制度は一日も早い見直しが必要です。

そして、消費者と農家が力を合わせれば、不要な殺虫剤散布はやめられます。

あなたにできることがあります

グリーンピースでは今、農家団体や消費者グループとともに水田に殺虫剤をまく構造を作り出しているお米の等級制度を見直し、ネオニコ系農薬の散布を規制するよう求めるオンラインキャンペーンを実施中です。

あなたも下のバナーをクリックして賛同してください!>>賛同する >

もう賛同してくださった方はお友達にシェアしてくださいね!

[1] 斑点米の等級ごとの混入限度の算出根拠や基礎としたデータを求めたグリーンピースの請求に対する農林水産省からの回答[PDF]

[2] 斑点米の基準が厳しいことについて、検査項目や基準の見直しを求める意見書が岩手県(2004年)、秋田県(2005年)から国に提出されてきました。

 

 

グリーンピースは、政府や企業からお金をもらっていません。独立した立場だからこそできる活動で、私たちの知らないところで進む環境破壊や生態系への影響を明らかにしています。寄付という形でも一緒にグリーンピースを応援していただけませんか?

寄付する 

 

こちらもおすすめ

ついに日本も石炭事業から方向転換? 4つの明るい変化の兆し

「ゴミになるものにお金を払いたくない」 インスタグラマーRanさんのプラスチック・フリーの暮らし

海、守らなきゃ。勇気がでる4人のメッセージ

海がプラスチックでいっぱいになる前に…みんながやっていること実録

ヨーロッパからグッドニュース✩ついにネオニコ系農薬3種がほぼ全面禁止に

肺炎、気管支炎、花粉症…東京や大阪に忍び寄る大気汚染の影響は?

この記事をシェア

writer

ライター 食と農業チーム 関根

食と農業チーム 関根

関根 彩子 Ayako Sekine
食と農業担当キャンペーナー 
今日、何を食べるかは、明日の自分と地球環境につながっています。食のこと、農業のこと、一緒に考えてみませんか?

話題のキーワード