【なんで?】世界中の人がオレオに電話をかけている理由
EVENT 2018.12.03

【なんで?】世界中の人がオレオに電話をかけている理由

年間400億個(!)も作られる、世界的大人気商品のオレオ。日本でもファンが多いお菓子ですよね。そのオレオのメーカーに、今世界中の人々が電話をかけています。

どんなにお菓子が好きか伝えるため?

それも1つの理由かもしれません。

一番の理由は、オレオが森林破壊に関係している、ということです。

【なんで?】世界中の人がオレオに電話をかけている理由

オレオのメーカーモンデリーズ(オレオ以外にはリッツなど多数の人気商品を手がける大企業です!)は、約10年前に「森を壊すパーム油を使うのをやめる」と世界中のファンに約束しました。

オレオなどのクッキーやチョコレートには、パーム油がよく使われています。パーム油はなめらかな食感を生み出すのに適しているので、たくさんのお菓子に使われているのです。しかし、その裏では、インドネシアの熱帯雨林が切り開かれ、パーム油を生産するためのプランテーション(農園)に変えられているという実態があります。

そのため、熱帯雨林にしかすめないオランウータンは急速に住処を失い、ボルネオ島のオランウータンは、16年間で半減してしまいました。*1

オレオのメーカーがパーム油を買っている業者は、過去2年間だけで東京23区と同じくらいの70,000ヘクタールもの熱帯雨林を壊していることが明らかになっています。そのうち25,000ヘクタールは、オランウータンの住処でした。*2

*1 プレスリリース「グリーンピース調査:世界的ブランドとインドネシアの熱帯雨林破壊のつながりが明らかに」

*2プレスリリース 「グリーンピース調査:『オレオ』製造メーカーとインドネシアにおけるオランウータンの生息地破壊のつながりが明らかに」

【なんで?】世界中の人がオレオに電話をかけている理由

これからも大好きなお菓子を楽しみたいからこそ、メーカーには責任ある方法で材料を調達して、商品を届けてほしいですよね。

森を壊すパーム油をやめることを求める署名は、世界で120万人以上の方が参加してくれました。そしていま、たくさんの人たちがオレオのメーカーであるモンデリーズに電話をかけています。日本でも、モンデリーズ・ジャパンに電話して、森を壊して作られたパーム油を扱うウィルマー・インターナショナルのような業者からパーム油を買うのをやめて、オランウータンの森を守るように伝えてみませんか?

モンデリーズ・ジャパンに電話する>> 0345106600

【なんで?】世界中の人がオレオに電話をかけている理由

ところで、企業に電話するなんてクレーマーみたい…と思いませんか?

企業にしてみれば、怒ったお客さんからの声ならクレーム対応になってしまうかもしれません。でも、商品のファンから「もっとこうしてほしい」という声だったら耳を傾けてくれるはずです。例えばこんな感じで話してみましょう。

1. 御社の商品のオレオが大好きです!

 2. 御社は以前、森を壊すパーム油をやめると約束してくれたそうですが、それは素晴らしいことだと思います。

 3. しかし今でも、森を壊して作られたパーム油を買っていると聞き、残念に思っています。

 4. 特にウィルマーというパーム油企業は、未だに森を壊して作られたパーム油を仕入れているようです。これからも大好きなオレオを安心して食べたいので、ウィルマーが持続可能なパーム油に切り替えるまで、取引をやめてくれませんか?

世界中の人たちがが力を合わせれば、オランウータンの森を守ることができます。そのために、オレオのメーカーのような世界的大企業が動くことが必要です。オレオに、世界のリーダーになってもらうために、私たちがアクションを起こしましょう!

モンデリーズ・ジャパンに電話する >> 0345106600

署名する

この記事をシェア

writer

ライター パブリックエンゲージメント 林

パブリックエンゲージメント 林

林 恵美 Emi Hayashi
パブリックエンゲージメント 担当
SNSやメールマガジンで、世界や日本で起きている環境問題やいま私たちにできることを発信するオンライン担当。目下の目標は「めざせ、ゼロウェイスト!」音楽とおいしい食べものがエネルギー源。

話題のキーワード

  • 話題のキーワードはありません。

  • ?>