帰還困難区域で見たこと–11/7グリーンピース放射能調査報告会in新潟のお知らせ
EVENT 2018.10.19

帰還困難区域で見たこと–11/7グリーンピース放射能調査報告会in新潟のお知らせ

東京電力福島原発事故から7年半。
最も放射能汚染の深刻な帰還困難区域では、いま何が起こっているのでしょうか。


20
日間にわたり10月に実施するグリーンピースの調査の結果速報を、2011327日に福島での調査を開始して以来、毎年実施している福島県での放射能調査チームのリーダーをつとめるヤン・ヴァンダ・プッタ(放射線防護アドバイザー)がいち早く新潟でお伝えします。さらに調査地でもある浪江町町民で今回案内役を担ってくれた、浪江から兵庫へ避難中の菅野みずえさんがその思いをお話してくれます。東京電力柏崎刈羽原発の地元から調査に同行してくださった竹内英子さんも感想をお話しされます。

また、今回は汚染の広がりを調べるため、福島県と新潟県の県境付近でも調査をしました。


ぜひ、お越しください。
11
7日(水)18:0020:00 ときめいと(新潟駅南口直結)

 

帰還困難区域で見たこと–11/7グリーンピース放射能調査報告会in新潟のお知らせ

報告
浪江町、新潟県境調査結果(速報)
ヤン・ヴァンダ・プッタ:グリーンピース調査チームリーダー/放射線防護アドバイザー。チェルノブイリ、福島など放射能調査を多く手がける。
(逐次通訳つき)
浪江町民の体験と思い 菅野みずえさん:福島県浪江町住民。兵庫県に避難中。本調査に同行。

●柏崎刈羽原発地元から福島調査に同行して 竹内英子さん:柏崎市

                        

 

主催/問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

協力:新潟県平和運動センター/原発からいのちとふるさとを守る県民の会


定員:60名(定員に達し次第〆切らせていただきます)
参加費:無料

申し込み:https://act.gp/Niigata1107

申し込む

この記事をシェア

writer

ライター エネルギーチーム 鈴木

エネルギーチーム 鈴木

鈴木かずえ Kazue Suzuki
エネルギーキャンペーナー
趣味:カヌーイング、と言いたい!川遊びが好きです。
あと、有権者として、選挙には積極的に関わっています。
当選してほしい人の応援に、自分の選挙区かどうかにかかわらず、関わっています。

話題のキーワード

  • 話題のキーワードはありません。

  • ?>